福島七夕祭り

福島県福島市

着ぐるみマニアックス

特徴・見どころ

「福島七夕祭り」は、福島の中心地にある商店街「パセオ通り」と「文化通り」で行われる七夕まつりです。個性的な七夕飾りで彩られた道の両側には、露店や通りにあるお店が外での出店をしています。このころ福島は、盆地特有の暑い夏真っ盛りをむかえますが、ひとときの涼感を感じさせてくれるお祭りです。期間中「パセオ通り」は大きな青竹と七夕飾りのトンネルとなり、また「文化通り」は幼稚園児や保育園児などの手作りの七夕飾りで彩られます。

歴史

日本人にとっては馴染み深い行事ですが、五節句の一つである「七夕(たなばた、しちせき)」とは、もともと中国の行事で、奈良時代に日本に伝わり発展した伝統行事です。七夕は7月7日(7月15日前後)ですが、明治改暦以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため、その関連性が薄れました。福島市をはじめとした東北では、七夕を旧歴で行うことが多く、約1月遅れのこの時期に開催されています。「福島七夕まつり」は、毎年8月6日から8日まで、文化通り七夕飾りとあわせて開催されます。

詳細

開催日時 2018年8月●日()
開催地域 福島県福島市 パセオ通り、文化通り
アクセス(最寄り駅) JR「福島駅」から徒歩約10分
問い合わせ先 024-521-1515
公式サイト なし
公式SNS なし

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る