仙台七夕まつり

仙台七夕まつり

宮城県仙台市

特徴・見どころ

「仙台七夕まつり」は、東北三大祭りのひとつに数えられ、例年200万人以上の人が訪れています。一番町や中央道りのアーケード街を中心に3000個の飾り付けが施され、街全体が七夕祭りムード一色となります。吹き流しを中心とした豪華な七夕飾りだけでなく、お祭りでは星の宵まつり・夕涼みコンサート・七夕ヴィレッジ・瑞鳳殿七夕ナイトなど様々なイベントが開催されます。瑞鳳殿七夕ナイトでは、仙台七夕まつり期間中、瑞鳳殿の参道から至る所に竹灯籠が灯され、幻想的な雰囲気を味わえます。仙台七夕前夜には花火大会も開催され、仙台西公園を中心に約16,000発の花火が上がります。

歴史

江戸時代初期に、仙台藩祖の伊達政宗が女性に対する文化向上の目的で七夕行事を取り入れ始め、宮城県仙台市で盛んな年間行事になったと言われています。しかし、第一次世界大戦で不景気に落ち入り、七夕祭りの風習が薄れていていきました。その後、不景気を吹き飛ばそうと商店街の住民が立ち上がり、大規模な七夕飾りが施されるようになりました。1928年から、旧暦の7月7日開催ではなく新暦の8月6、7、8日に開催することになりました。その後、第二次世界大戦での空襲で焼け野原となり、七夕祭りは廃止となりましたが、1947年の昭和天皇巡幸の時、沿道に5000本の七夕飾りを並べる大規模な七夕祭りが復活しました。

詳細

開催日時 2018年8月6日(月)〜8日(水)
開催地域 宮城県仙台市 市街中心部および周辺商店街
アクセス(最寄り駅) JR「仙台駅」からすぐ
問い合わせ先 022-265-8185
公式サイト http://www.sendaitanabata.com/
公式SNS なし

 

 

関連記事

  1. 大分七夕祭り

  2. 足利織姫神社七夕短冊まつり

  3. 星尾神社七夕祈願祭

  4. 七夕神社の夏祭り

  5. 宝立七夕キリコまつり

  6. わらび機まつり